実際に買って使っている人の意見がわかる

商品の情報を見る時、メーカーによる情報がメインになります。
メーカーですから、まず自社の商品のよくないところの情報は出しません。
以前より機能が良くなったところを全面的に出し、弱くなったところなどは出しません。
良くなったところだけを信用して買ったら、機能が弱まったところの影響が強くて損をしたと感じることもあります。
通販サイトを利用して買う場合、実際にその商品を購入して使っている人の意見がわかる場合があります。
メーカーのサイトでも見れますが、公平な立場で運営されているサイトからも見ることができます。
一方的に口コミ情報が出されていることもあれば、これから購入しようとする人が質問ができる仕組みも用意されています。
口コミ情報がわかると、買い間違いを減らせます。
良い機能だけでなく、良くない機能を先に知ることで、良くない機能でも問題ないか、問題があるのかがわかります。
ただし、口コミには善意の情報と悪意の情報があるので注意も必要です。